ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

足の親指の爪が二枚爪になっています。防止する方法はありますか?

お悩み内容
足の親指の爪が二枚爪になっています。防止する方法はありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
足の親指の二枚爪になるケースで多いのがそり爪です。予防としてはベースコートをぬっておく、またネイルオイルで保湿するという方法があります。また二枚爪自体は爪磨きで滑らかにしておくと引っかからずに済みます。

 

足の二枚爪の意外な原因とは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

足の親指の爪が二枚爪になってしまうというお悩みですね。

 

 

2枚爪の原因はいくつかあります。

 

その一つが【貧血】などの体の不調からくる場合もあります。この場合にはネイルサロンで対処できませんので専門の医療機関へ行かれることをお勧めします。

 

 

上記を踏まえてですが、私の経験上足の親指で二枚爪になるケースで多いのが【そり爪】のケース。

 

爪が反ってしまうことで頻繁に爪先があたり、爪が割れてしまいます。

 

 

この場合には対処方法は主に2つ。

 

 

1つは爪にベースコートを塗っておくことです。もちろんマニキュアでもいいです。ベースコートを塗っておくことで爪の保護にもなりますし外部からの衝撃から多少守ってくれます。

 

 

ただしあまりに頻繁に塗りすぎるとかえって爪が乾燥し二枚爪が進んでしまいます。爪を切る際に一緒に塗り替える、という周期ですと爪を傷めにくいです。

 

 

2つ目はネイルオイルで保湿するという方法です。

 

二枚爪の原因の一つに【乾燥】があります。ネイルオイルで保湿し二枚爪を予防するという方法です。

 

なお二枚爪自体はもとには戻りませんので、爪磨きなどを使って滑らかないしておくと引っかからずに済みます。

 乾燥が気になる足の爪をフットケアでキレイにお手入れするという方法もあります。 詳しくはこちらを押してください。