ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイルをすると 爪に不健康ですか?

お悩み内容
ネイルをすると 爪に不健康ですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ネイルはメイクの一部。いい面と悪い面があります。

 

ネイルはメイクの一部。

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ネイルをすると爪に不健康か、というご相談ですね。

 

結論から言いますと【いい面】と【悪い面】があります。

 

 

悪い面についてですが、【爪が乾燥する】【爪が痛む】という点が挙げられます。

 

例えば除光液を頻繁に使いすぎたりすると爪の水分を奪ってしまい爪が乾燥し割れやすくなることもあります。

 

 

またジェルネイルをするとほんの少しずつですが爪が薄くなってきます。

 

 

逆にいい面ですが、まずは【見た目が綺麗】これが一番です。また【爪の強度が上がる】ということが挙げられます。

 

マニキュアでもジェルでも塗ると爪がしっかりします。

 

また爪の乾燥を防いでくれる効果も。

 

 

これは一見矛盾するようですが、水仕事などで爪の表面が乾燥するのをネイルが防いでくれるからです。

 

 

ですのでネイルをしなくても【爪にベースコートは塗っている】という方も私のお店には多くいらっしゃいます。

 

 

私は【ネイル】【メイクの一部】といっています。

 

 

ファンデーションも頻繁に塗り替えるとお肌が乾燥しますが、塗っておくことでお肌をキレイに見せてくれますし、外気からお肌を守ってくれる働きもあります。

 

 

もしネイルをするのであれば、塗り替え期間をできるだけ伸ばすと爪を乾燥させずにキレイな状態を保つことができます

※付け替えの目安:マニキュア10日~2週間。ジェルネイル:2~4週間(メーカーによって異なる)

なお爪に色を塗らなくてもネイルケアでキレイに見せるという方法もあります。 詳しくはこちらを押してください。