ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

仕事でパンプスを履く機会が多いです。そのせいもあるか足の親指の爪が皮膚に食い込んでしまい、触ると痛みが生じます。フラットシューズを履こうかとも思いましたが、仕事の関係でいつもはパンプスです。足の痛くならない靴選びを知りたいです。

お悩み内容
仕事でパンプスを履く機会が多いです。そのせいもあるか足の親指の爪が皮膚に食い込んでしまい、触ると痛みが生じます。フラットシューズを履こうかとも思いましたが、仕事の関係でいつもはパンプスです。足の痛くならない靴選びを知りたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
先端のとがった靴は長時間履くことで親指や小指の爪を圧迫することがあります。

 

足の形から靴のデザインを決めるという方法も

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

パンプスを履くと足が痛い、というお悩みですね。

 

同じヒールの高さでも、つま先の形によって足の疲れ具合や、親指にかかる負担は違ってきます。

 

お店にいらっしゃるお客様で多いお悩みが【親指の爪の痛み】。

 

 

最近人気の先端のとがった靴を履いていらっしゃる方も多いです。しかし先端がとがっている靴は足の形によっては負担がかかる場合も。

 

 

足の指、特に親指が一番長い方の場合です。

 

 

先端のとがった靴は中心の中指に端の指(親指や小指)を集めてくる形になります。すると親指や小指が押され、長時間歩くことで痛みが生じることがあります。

 

 

私は長時間歩く際はつま先がそれほどとがってない、先端が丸い靴を選びます。

 

 

形としてはスニーカーのような靴です。

 

 

ブーツですとこの形の靴は種類が豊富です。もちろん人気ブランドからもそのような靴は発売されています。また先端が長方形の靴、というデザインもあります。

 

 

ですのでファッションのイメージから入るのでなく、足の形から自分に合う靴の形を試してみてはどうでしょうか?

 

 

今は安くておしゃれな靴もたくさん売られていますのできっと見つかると思います。

なお形が気になる足爪をフットネイルでキレイにお手入するという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。