ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

左足の親指の爪が二枚爪になっています。 痛みは無いのですが そのままにしておいてもいいのでしょうか?またならないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

お悩み内容
左足の親指の爪が二枚爪になっています。 痛みは無いのですが そのままにしておいてもいいのでしょうか?またならないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ベースコートを塗って爪を保護するという方法があります。

 

二枚爪の原因は様々

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

足の親指が二枚爪になっている、というご相談ですね。
 
 
二枚爪ができた場合には、爪用のスポンジファイルで爪を磨いたりします。
 
 
こうすることで爪表面が滑らかになり、靴下などに引っかからずに済みます。
 
 
また上からベースコートを塗って爪を保護するという方法もあります。
 
 
また予防についてですが、二枚爪の主な原因は【乾燥】といわれています。水仕事の多い方ですと指先が二枚爪になることが良くあります。
 
 
また体調が原因(貧血など)の場合もあるといわれています。私の経験上、足の二枚爪はマニキュアを落とす際にできる、というケースが多いです。
 
 
またそり爪の場合も色々な場所にぶつけるためか、二枚爪になっているケースを見かけることがあります。
 
マニキュアを塗っている場合には、頻繁に塗り替えるのを避け1か月に1回程度の塗り替えにすることをお勧めします。
 
またそり爪などでいろいろなところにぶつけてしまう場合にはベースコートを塗って爪を保護するという方法があります。