ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

以前ネイルをしっかりやっていましたが、爪が少し黄色くなったように感じ、それからすっかりやめていまいました。黄色くならないネイルの方法を知りたいです。

お悩み内容
以前ネイルをしっかりやっていましたが、爪が少し黄色くなったように感じ、それからすっかりやめていまいました。黄色くならないネイルの方法を知りたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
マニキュアをするときにはベースコートを先に塗ると爪への色素沈着を予防できます。

 

ベースコートはメイクのベースメイクのようなもの

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

マニキュアをしたら爪が黄色くなった、というご相談ですね。

 

爪が黄色くなる原因はいくつかあります。ネイルをしなくても爪が黄色くなる場合がありますが、今回はマニキュアが原因の場合についてご紹介します。

 

マニキュアによる色素沈着はマニキュアの顔料に含まれている黄色の色素のせいだといわれています。

 

そのような色素沈着を防ぐためにはマニキュアを塗る前に「ベースコート」を塗るという方法があります。

 

ベースコートはいわばお化粧でいうと「下地剤」のようなもの。

 

爪の凹凸などをカバーしてくれるだけではなく、爪への色素沈着を防いでくれる働きもあります。ベースコートを省略してマニキュアを塗る・・・私も以前は(ネイルの勉強をする前)よくやっていましたが、今ではおススメしません。

 

ひと手間かかりますが、爪をキレイに保つために是非ベースコートを塗ってからマニキュアを塗ることをお勧めします。

なおネイルで黄色くなった爪をキレイにお手入するネイルの方法があります。詳しくはこちらを押してください。