ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪を痛めにくいマニキュアの塗り方を知りたいです。

お悩み内容
爪を痛めにくいマニキュアの塗り方を知りたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
できるだけネイルを長く持たせることがキレイに保つコツです。そのためには爪周りの角質をキレイにするなどの下準備があるとうまくいきます。

 

ネイルを長くキレイに持たせるには下準備が必要。

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

今回は爪を傷めないマニキュアの塗り方についてご紹介します。とはいってもネイルもメイク用品と同じで「全く爪を傷めない」というのは難しいです。

 

今回は「爪をできるだけ傷めない」ネイルの方法についてご紹介します。

 

 

 一番簡単なのが、

それが【ネイルをできるだけ持たせる】ということ。

 

 

マニキュアだったら1週間~10日。

ジェルネイルだったらメーカーにもよりますが3週間~4週間。

 

というのも除光液やジェルリムーバーに含まれるアセトンなどの溶剤が爪の潤いを奪ってしまうからなんです。頻繁に(3日おきとか)に塗り替えることで爪がボロボロになった、なんていう話はよく聞きます。

 

もちろんネイルサロンでネイルをしてもらうのもいいんじゃないでしょうか?。

というのも、ネイルって実は結構面倒な下準備があるんです。

 

 

 

意外と知られていないんですけど。マニキュアでも下準備があるとキレイに持ちます。

 

下準備を一つ一つ自分でやるよりも、お金を払って【下準備込のネイル】をお任せしたほうがいい場合も。特に【何よりも時間が大切なの!】という場合にはとくにおススメですよ

 

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに保つという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。