ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイルサロンでフットネイルを受けたいけれど足の爪の色が悪いです。病院で水虫ではないと言われたのですが・・・

お悩み内容
ネイルサロンでフットネイルを受けたいけれど足の爪の色が悪いです。病院で水虫ではないと言われたのですが・・・

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
足爪や足のお手入れをおすすめします。

 

足爪の色がくすんで見える原因とは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

爪の色が良くない、というご相談ですね。

 

ネイルサロンでは「水虫」の場合、施術をお断りすることが多いです。

 

 

理由は様々ありますが、一つは「症状を悪化させてしまう恐れがある」からです。もし自分が水虫かどうか知りたければ、私のお店では皮膚科で診察を受けていただくことをおすすめしています。 

 

もし水虫であった場合でも治療後、完治すれば問題ありません。

 

ところが実際に調べてもらってみたら水虫でなかった、という場合があります。足や爪に病気がなくても、爪の色が悪い場合があります。

 

 

爪の色が悪い原因の一つに「血流」があると言われています。足先は指先よりも心臓が遠いため、その分血流が滞りやすい場所。そのため足爪の色が悪い、という場合もあるようです。

 

 爪の上のマニキュアを塗ってごまかす、という方法もありますが、「足の爪をキレイにお手入する」という方法もおススメです。

 

お湯に足を付けることで血流が良くなり、また爪回りの角質をキレイにするだけでも爪自体の透明感が戻る場合もあるからです。

 

 

実際、足爪のお手入れを続けていくうちに、数か月後キレイな爪に生え変わった、という例も。

爪はお肌の一部。お顔をお手入れするように爪や爪回りの皮膚も定期的にお手入する音でキレイな状態を保つことができます。 

なお気になる足爪をフットエステでキレイにお手入するという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。