ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

自分で爪を削っています。爪をのばすといつも折れてしまうのが悩みです。

お悩み内容
自分で爪を削っています。爪をのばすといつも折れてしまうのが悩みです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪の先を尖らせすぎると伸ばしたときに折れやすくなることがあります。

 

爪の形と強度の関係とは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

「爪を伸ばすと折れてしまう、というご相談ですね。

 

爪は伸ばすと折れやすくなってしまいます。爪をのばしたときには抑えておくポイントがあるんです。

 

 

それが「爪先の形を尖らせすぎない」ということ。

 

爪をのばすとどうしても強度が弱くなってしまいます。爪の先端は指からどんどん離れて行ってしまうのでその分強度がなくなってしまうからです。

 

とくに注意したいのが【爪先を尖らせているケース】。爪の先を細くしようとするあまり爪先を三角形の形にしてしまうと、(爪の先端の部分)に力が集まってしまい、ちょっとしたことで爪が折れやすくなります。

 

 

爪が折れやすいな、と思った場合爪先の形を確認してみてください。爪の白い部分が【三角形】に近かったりする場合には、爪の形が原因のことがおおいです。

 

このような場合には爪の形を変えるか爪の使い方をもう少し優しくする、という方法も。

 

私のお店では爪を尖らせなくても、指先がキレイに見える爪の形に削っています。

 

「爪が折れにくくなった」「指先がキレイに見える」「手がすらっと見える」と喜ばれています。

爪が折れやすい、とお悩みの方是非お試しください。

 

なお爪の形や削り方を工夫することで爪を折れにくくするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。