ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪を伸ばすとすぐに折れてしまいます。爪やすりを使って爪を削っているのですが・・・

お悩み内容
爪を伸ばすとすぐに折れてしまいます。爪やすりを使って爪を削っているのですが・・・

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪の先端を尖らせすぎると爪の強度が落ちてしまう場合があります。また知らずに爪の表面を削ってしまい、それが折れる原因になっていることも。 

爪の削り方を間違えると爪が折れることも

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

爪を伸ばすとすぐに折れてしまう、というお悩みですね。

 

爪やすりを使って爪をととのえる場合の「爪の削り方のコツ」についてご紹介します

 

 

一つは「爪を尖らせすぎない」という事。自分で削るとついつい先端を尖らせてしまう人がいます。もちろんこれは「ポイント」という爪の形で、美しい形なのですが、強度の面で言うとそれ程強いとは言えないからです。

 

 先端に力が集中し、強度の面では弱いからです。

 

 私のおススメは、三角形に削る爪の形に少しだけ丸みを持たせる、ということ。

 

厳密な「ラウンド」でもいいのですが、実際にこの形に削るのはとても難しいです。

 またもう一つは「爪の表面を削らない」という事です。当たり前のようですが、やっている人が多いです。

 

特に爪のサイドは爪が巻いていることもあり、やすりがきちんと爪の端に当たっていないことがあり、気づくと爪の表面を削っていることも。

 

スキンダウンといって爪回りの皮膚をしっかり押し下げて削る必要があります。

なお爪の形や削り方を工夫することで爪を折れにくくするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----