ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイルサロンでデザインを伝えるのが苦手です。自分の好みなど、どうやって伝えたらいいでしょうか?

お悩み内容
ネイルサロンでデザインを伝えるのが苦手です。自分の好みなど、どうやって伝えたらいいでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
イメージとNGの色を伝えるとスムーズです。

 

ネイルサロンで自分の好みをうまく伝える簡単なコツ

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ネイルサロンで自分の要望をうまく伝えたい、というご相談ですね。

ネイリストによっても自分の得意なアートなどがあります。お互いの好みが合わない時には、自分の要望を伝える必要があります。

 

こんな時に私がおススメする方法は、「なりたい手先のイメージをネイリストに伝える」ということ。

 よくあるのが「どの色にしますか?」と言う質問ですが、これに色で答えてしまうと上手く行きません。

 

【自分のなりたいイメージ】を伝え、後はお任せにする、という方法です。

 あとは【この色だけはNG】といったNGな色を伝えておくとスムーズです。

 

たとえば40代、会社員Aさんの場合。

 

・大人っぽい感じ。季節感を感じる色希望

・色はピンク系にしたい

・仕事をしているので色は派手なものはNG

 

こんな風に伝えると色選びもスムーズですし、自分では気づかなかった【似合う色】を

発見できることも。

 

私のお店でもイメージに合わせた色を提案しています。「こんな色が似合うと思わなかった」「今度自分で買ってみたい」とびっくりされる方も多いです。

なお爪の形や削り方を工夫することで指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----