ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

足の裏が硬くなり困っています。外歩きの仕事なので、しかたないとあきらめています・・・

お悩み内容
こういうお悩みです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ジェルタイプの中敷きを靴の中に入れておくと足裏が硬くなるのを防ぐことができます。

 

足裏をキレイに保つ秘訣とは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

 

「足の裏が硬くなってしまう、というご相談ですね。

 

まず、足のウラによくできるものとして「タコ」とか「魚の目」などがあります。特に女性の場合、ヒールを履いたり、あとはダンスなどの足のウラをよく使う場合にできたりします。

 

 

具体的には足の親指の付け根の部分や、中指の付け根、人によっては小指の付け根部分が硬くなりやすい部分。

 

 足裏で硬くなる部分というのは、「よく使う場所」でなんです。逆に歩くときの足裏への衝撃を和らげることで足裏の角質が硬くなるのを予防することができます。

 

 私のおススメは「ジェルタイプの靴の中敷き」です

 

 

ポイントは、通常の中敷きではなく、透明なジェルタイプの中敷きを使う、という事。

 

 

ジェルタイプの中敷きを引くことで、足裏への摩擦が減り、結果として足裏が硬くなりにくくなる、という訳です。

 

 

私自身も使っていますが、ヒールの高い靴の際には前滑りも予防してくれますのでとても便利です。

 

しかしこのジェルタイプの中敷きはあくまで予防です。

 

既に固くなってしまった足裏は早めにケアしておくのがおススメです。私のお店では硬くなってしまった足裏の角質ケアをしています、。

足裏やかかとが柔らかくなったと喜ばれています。

※中敷きを敷くと靴がきつくなる場合があります。ですのでジェルタイプの中敷きを使用する場合には靴のサイズを確認しながら行ってください。

 

なおクリームがしみこまない足の裏をツルツルするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。