ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

足爪に横溝が出来ています。洗濯板のようになっているのですがこれって何が原因でしょうか?

お悩み内容
足爪に横溝が出来ています。いくつもあって、洗濯板のようになっているのですがこれって何が原因でしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
足爪が伸びすぎている場合、靴がきつくなり爪先が押されるのが原因として考えられます。

 

足爪に洗濯板のような横溝がいくつもできたら?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

足爪の横溝についてのご相談ですね。足の凹凸については色々な原因があります。爪の病気の場合も考えられますがここでは健康なお爪についてご紹介します。

 

爪の横溝の原因としていくつかありますが、大きく分けると

「栄養障害や体調による変化」

「精神的なストレス」

「爪の根元を強く押したりするなどの刺激」

 

があります。爪は爪の根元で作られますが、上に上がってくるまでにタイムラグがあります。

 

ですので横溝ができるとびっくりしますが、実はこれは少し前、爪が作られる際にできたもが多いです。

 

足爪の横溝も基本的に同じと考えられますが、私の経験上、洗濯板のように横溝がいくつもある人に多いのが「足の爪が長すぎる」というケースです。

 

このような人の靴を見るとヒールや足の形にピッタリ合った靴を履いている人が多いです。

 

足爪を伸ばしたままにして靴やヒールを履くと足爪の先端が圧迫されますが、爪の根元も一緒に押され、横溝ができると考えられます。

 

対策としては「足の爪を定期的に切る」ということと「大きめの靴を履く」という方法があります。

 

どちらがいいかはその人によりますが、爪先も含めて足のサイズと考えると、そのたびに靴を買い換える、というのは現実的ではないです。

 

定期的に足爪を切っていただくというのがおススメです。

なお気になる足や足の爪をフットネイルでキレイにお手入れするという方法があります。詳しくはこちらを押してください。

 

 

高級感ある個室ネイルサロンであなたもネイルをリラックスして楽しみませんか?