ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイビーやブルーのような濃い色のネイルをキツイ印象にならず自然に見せるにはどうしたらいいでしょうか?

人気記事
お悩み内容
ネイビーやボルドーなど濃い色のネイルをキツイ印象にならず自然に見せるにはどうしたらいいでしょうか?

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪の面積の1/3いかに抑えると自然に見えます。またポイントとして1本だけダークカラ―にする、という方法もあります。

 

ダークカラ―をキツイ印象にならずに自然に見せる方法

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

濃い色のネイルをキツイ印象にならずに自然に見せたい、というご相談ですね。

 

私がネイルサロンでおススメしているのがダークカラ―の面積を少なくするという方法です。

 

たとえばネイビーなどの色でしたら、斜めフレンチに使う、などです。ボルドーでも逆フレンチにするだけでも印象はだいぶ違います。

 

 

ポイントは「ダークカラーを使うときには爪の面積の1/3以下にする」ということ。

 

もちろん全部塗ってもいいのですが、キツイ印象を避け、自然に見せる方法としてこの1/3は重宝します。

 

また一本だけダークカラ―を塗るのもおススメです

 

たとえばグレー色を塗って薬指だけ濃いブルーにするとか。いわゆる「ワンポイント」ですね。

 

色の配色でイメージを何通りも楽しめますので是非お試しください。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。