ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

マニキュアをしたいと考えていますが、爪の呼吸が止まりそうです。

 

お悩み内容
マニキュアをしたいと考えていますが、爪の呼吸が止まりそうです。

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
【爪の呼吸が止まる】と感じるのは、指先の感覚が変わってしまうことに違和感を感じるためかもしれません。

 

ネイルをすることで指先の感覚が変わってしまう?

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

 

ネイルをすると爪が呼吸できなくなるのではないかというお悩みですね。

まず、爪が呼吸するかどうか、爪はお肌の一部が角化(死んでいる細胞))したものです。

 

皮膚が呼吸していないのと同様、爪も皮膚呼吸しているという事はありませんのでご安心ください。

 

ではネイルをすると【爪の呼吸が止まる】と感じるのはなぜでしょうか?

 

それはネイルをすることで指先の感覚が変わってしまうことに違和感を感じるためかもしれません。

 

 マニキュアは液体ですが乾くと固まり爪に張り付きます。

 

爪はもともと指先の機能を補う役割(指先の細かい動作など)を担っています。マニキュアが固まり爪が締め付けられたような感覚を「呼吸できない」と感じるのかもしれません。

 

特に足の親指などにありますが、もともと爪が巻いていたり皮膚に食い込み気味の人はマニキュアをするとさらに爪が皮膚に食い込む場合があります。

極端に痛くなくても違和感を感じる程度という人もいます。

 

そのような場合には巻いている部分を爪切り用ニッパーで角を落したりするのですが、ご自宅ではまずネイルを中止し、様子を見るのが大切です。

 

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----