ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

フットジェルをしたのですが、爪が伸びて靴がきつくなってきてしまいました。ジェルオフしたほうがいいでしょうか?

 

お悩み内容
フットジェルをしたのですが、爪が伸びて靴がきつくなってきてしまいました。ジェルオフしたほうがいいでしょうか?

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ジェルはメーカーの決められた期間が過ぎてしまったらネイルサロンでジェルを付け替えするのがベスト。応急処置的にジェルオフせずに爪を短くする場合【爪やすり】で爪を削る、という方法があります。

 

ジェルをした足爪が伸びてしまった場合には・・・

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

足爪が伸びてきてしまった、というお悩みですね。

 

ジェルネイルの付け替え期間は3~4週間といわれています。これはメーカーによって違うのでネイルサロンでネイルをするときに聞いてみると教えてくれると思います。

 

フットジェルの場合には、爪が伸びるのが手よりも遅く、多くの場合1か月半~2か月程度経過してから付け替えする方が多いです。

 

しかし、この場合中浮きしていて、中に水が入っている、場合もありますので本来であば付け替え期間が目安です。

 

この鉄則を踏まえた上で【伸びてきてしまった爪をどうにかしたい】という場合、私がやるのが爪やすりで爪先端のみを削る、という方法。

 

爪切りではなく、爪やすりを使います。爪切りの裏についているような金属性のものではなく、スポンジタイプや紙製の爪やすりを使います。

 

ごしごし削るのではなく、一方方向に優しく削るのがコツ。

 

これは応急処置的な方法です。靴がきつくなった、歩くと痛い、明日も歩かなくては・・・などといった場合におススメする方法です。

 

清潔を保つためにもジェルネイルは定期的に付け替えるのが大切です。

なお(オフ代がかかってしまう)ジェルをしなくてもお手入をしっかりすることでマニキュアを持たせる方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----