ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

除光液でマニキュアをとると、爪が白くなってしまいます。

 

お悩み内容
除光液でマニキュアをとると、爪が白くなってしまいます

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
除光液を使いすぎると爪が乾燥し白くなることがあります。オイルを塗ったりする方法もありますが、数日たつと目立たなくなることもあります。

 

除光液で爪が白くなった時には??

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

除光液で爪が白くなってしまう、というお悩みですね。

 

除光液はマニキュアを落とす便利なアイテムですが使いすぎると爪が乾燥し白くなることがあります。

 

 

白くなるとびっくりしますが、手を洗ったりして爪に水をつけたり、オイルを塗ったりすると目立たなくなることも多いです。

 

また2日ほどそのままにしておくといつの間にか消えていることも。

 

ですのでまずはびっくりせずに様子を見てみてはどうでしょうか?

 

予防方法の一つとして【オイルを先に爪に塗る】という方法があります。

 

これはネイルサロンなどでジェルネイルをオフする際に使われる方法なんです。

 

あかじめ爪にオイルを垂らしてからオフすることで爪や爪周りの乾燥を予防するという方法です。

 

ご自宅で行う際には、オイルを爪に塗っておき、その上から除光液を含ませたコットンでマニキュアをオフします。

 

このとき使うオイルは大抵は高価なオイルではなく、安いオイルを使うのがおススメです。

またネイルサロンでお手入れするとツルツルの爪になりますよ。

なお白く乾燥したお爪を健康なピンクの状態に近づけるネイルの方法があります。詳しくはこちらを押してください。

-----