ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ハンドクリームを塗っても手のガサガサがなおりません。何かほかにしたほうがいいことがありますか?

 

お悩み内容
ハンドクリームを塗っても手のガサガサが改善しません。何かほかにしたほうがいいことがありますか?

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ネイルオイルをハンドクリームに混ぜて塗る、という方法があります。また指先の余分な角質をキレイにするという方法もあります。

 

手は第二の顔。定期的なハンドエステでいつもキレイに

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

クリームを塗っても手のガサガサが改善しない、というお悩みですね。

基本はハンドクリームです。ハンドクリームを塗ってこまめに保湿をすることが大切ですが、相談者さんはすでにやられているようですのでそれ以外の方法についてご紹介します。

 

それが手持ちのハンドクリームを使う場合にオイルをプラスする、という方法。


ポイントは、いつも使っているハンドクリームにオイルを混ぜる、ということです。具体的には以下の通りです。

1.ハンドクリームを手の平に取ります。
2.キューティクルオイルをクリームの上にたらします。
3.手のひらでクリームをオイルを混ぜます。
4.クリームを手全体になじませます。

もちろん今持っているオイルでもいいですが、ネイル用のオイルがおススメです。

 また原因の一つに指先の【角質】があります。

 

本来であれば指先や手は定期的にネイルサロンでお手入れするのがお肌のためには一番いいです。いくらクリームを塗ったり、指先を温めたりしても硬くカチカチに(角化)してしまった角質はなくならないからです。

 

 

私でしたら、指先が固くなって来たりささくれができてきたらネイルサロンでネイルケアを受けます。月に1回、ネイルケアを受けることでキレイで健康的な指先を維持することができます。

 

私がやっているネイルサロンでは、カチカチになってしまった角質や甘皮周りの角質をやわらかくキレイにするお手入れにこだわっています。

 

指先の硬い角質をキレイにするだけではなくネイルがキレイに映える手や指の関節をお手入れするお手入れメニューをご用意しています。詳しくはこちらを押してください。

-----