ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

マニキュアがドロドロになった場合、捨てるしかないんでしょうか?

 

お悩み内容
マニキュアがドロドロになった場合、捨てるしかないんでしょうか?

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
薄め液を入れてマニキュアのコンディションを整えるという方法があります。

 

ドロドロになったマニキュアを捨てずに生き返らせるには?

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

 

マニキュアがドロドロになってしまってもまだ使うことができますので捨てるのはもったいないですよ。

 ドロドロになってしまった時によく使われるのが「薄め液」です。薄め液はネイル売り場に売られています。使い方は以下の通り。


1.マニキュアの瓶の中に薄め液を2-3滴たらす
2.マニキュアの瓶をしっかり閉める
3.マニキュアの瓶を振る(やさしく転がすように)
(※薄め液を使用する場合には必ずマニキュアが半分以上減っていることを確認してください。入れすぎると瓶が割れるなどの被害が報告されています)

 

ポイントは「入れすぎないこと」。

 

入れすぎてしまうと色が薄くなるだけではなく、最悪、マニキュアを塗ってもツヤが全くでないことも。

 

使い始めて3分の1以上なくなって、ドロドロになってきたな、と思ったら薄め液を2、3滴たらして様子を見るのがベストです。

 

またドロドロにしないために、使い終わった後は瓶の口についたマニキュアをきちんとふき取るということも大切です。

なおマニキュアを塗らなくても指先をキレイに見せる方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----