ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

足爪の色が悪いです。どうしたらキレイで透明な爪になるでしょうか?

人気記事
お悩み内容
足爪の色が悪いです。どうしたらキレイで透明な爪になるでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
まずはけがや水虫のチェックを。またネイルサロンでフットネイルをする、という方法もあります。

 

まずはケガや水虫のチェックを・・・

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

足爪の色が悪い、というご相談ですね。

 

水虫の場合には足爪の色が白っぽくなったりします。また病気の場合にも爪が黄色くなったり、と爪の色と体調は密接な関係があります。薬の影響もあるといわれています

 

以上の場合にはネイルサロンでは対処できませんので医療機関での治療を優先してください。また水虫の場合も、ネイルサロンでは対処できませんので医療機関にする、というのが一般的です。

 

 

 

上記を踏まえた上でですが、もともと、手より足のほうが心臓から遠く、足爪のほうが爪の伸びが遅い、というのが一般的です。

 

ペディキュアでも2か月ぐらい持ったりしますし。

 

生え変わりを促す、ということであれば足爪周りの新陳代謝を高めるという方法があります。

 

爪の根元で爪が作られるので、この部分の血行を良くして挙げるとキレイな爪が生えてくることも。個人差がありますが、やってみる価値はあると思います。

 

ご自宅でもお風呂に入った後などにキューティクルオイルで足爪周りを保湿し、指をマッサージするという方法がおススメです。

 

私のお店ではフットネイルメニューがあります。爪のお手入れで爪表面についた余分な角質もとることができるだけではなく、お爪周りを刺激しますので血行促進効果を期待できます。

 

足は日頃から集中的にお手入れしない部分ですので、一度行くだけでもかなり綺麗になりますよ。

なお足の爪に色を塗らなくても足をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----