ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪が薄く弱く、また仕事柄、爪をのばせないので深爪です。さらにさけたり、二枚爪になったりして困ってます。

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
爪が薄く弱く、また仕事柄、爪をのばせないので深爪です。さらにさけたり、二枚爪になったりして困ってます。

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
深爪についてですが、爪はできれば短くても指と同じ長さがベストです。それができなければ、爪を切る際、最後の調整を【爪やすり】で整えるという方法もあります。

 

爪のお手入れをしながら爪をキレイにする方法とは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

深爪した爪先が割れる、というお悩みですね。

 

二枚爪は貧血が原因の場合もあるといわれています。また爪が極端に薄い場合、こちらも体調や服用している薬、病気の場合もあります。必要であれば医療機関へご相談ください。

 

 以上を踏まえてですがネイルの観点から、深爪はお仕事柄、という事ですね。ネイルの観点から言うと、爪は指先の働きを助けてくれる【補助】的な役割があります。ですのでできれ短くても指と同じ長さがベスト、というのが私の認識です。

 

仕事柄、爪の白い部分をすべて爪切りで切るよりは、最後の調整を【爪やすり】で整えるという方法もあります。

 

爪切りで指先をぐいと指先を押しながら爪の白い部分を切る人がいます。

 

しかしこれって結構痛いですよね。

 

グイッと押してパチッと切る。このときに爪と指をくっつけている部分(ハイポニキウム)に負荷がかかります。爪は意外と簡単に指から剥がれてしまうものです。

 

 

ハイポにキウム(爪と皮膚をくっつけている部分)を傷つけないためにも仕上げは爪やすりで整えるのがおススメです。

 

また、二枚爪でお悩みとのことですが、爪先が乾燥することで爪の上の部分が剥がれたり、割れたりします。

 

ネイルサロンでは割れた部分を滑らかにし引っかかりをなくします。また爪表面の凹凸も滑らかにして、必要であればジェルネイルなどをすることもあります。

 

ご自宅では、二枚爪がこれ以上進まないよう、爪先を滑らかに整えるのがおススメです。爪やすりなどで引っかかる部分を滑らかにします。

 

爪表面はできたら削らない方がいいのですが、引っかかる部分は整えます。そして大切なのが保湿です。

 

二枚爪の原因は【乾燥】といわれています。特に水仕事をおおくする人に見られます。本来であれば水仕事をする際には手袋をするのがおススメですができなければお湯ではなく水で洗うのがおススメです。

 

またこまめに爪や指先の保湿を行うといいと思います。

なお爪の形や削り方を工夫することで爪を折れにくくするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----