ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪が凹凸しているせいか、ネイルの色を塗ってもキレイに塗れません。

お悩み内容
爪が凹凸しているせいか、ネイルの色を塗ってもキレイに塗れません。

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ベージュ系の色に限らず爪が凹凸している場合には、仕上がりも凹凸してしまいます。爪自体の凹凸をなくすか、リッジフィラーのような下地材を使って爪の凹凸を平らにし手からネイルをします。

 

凹凸している爪の上にネイルをしてもキレイに仕上がらない

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

ベージュ系の色をきれいに塗りたい、というお悩みですね。

 

ベージュ系の色に限らず爪が凹凸している場合には、仕上がりも凹凸してしまいます。ある程度の凸凹の場合には、リッジフィラーといってファンデーションの下地材のようなものを塗ります。

 

リッジフィラーは爪の隙間に入って凹凸をなくしてくれる効果のあるものです。ご自宅でリッジフィラーを塗ることもできますが、その分層が厚くなるので、乾かす時間がかかる、という欠点があります。

 

また爪の凹凸をスポンジバッファーで軽くけずる、という方法もあります。ネイルサロンではマニキュアを持たせるために爪を滑らかにする目的で使われます。

 

ご自宅でも爪表面を滑らかにする目的であればスポンジバッファーを使うのもいいと思います。自分で行う場合には、スポンジバッファーで爪を撫でるぐらいでちょうどいいです。

 

※通常の爪やすりで爪表面を削ると、とんでもなく爪が薄くなることもあります。必ずスポンジバッファー(240グリッド以上がおススメ)で削るようにしてください。

 

 

2色使いで爪の凹凸を目立たなくする方法も

上級者テクニックとして、2色のマニキュアを使う、という方法もあります。

 

ベースコートを塗った後に白っぽいベージュのマニキュアを塗り、その後ご希望の色を塗る、という方法です

 

最後にトップコートで仕上げます。

 

白っぽいベージュのマニキュアがリッジフィラーの役割をするので厚塗りにならず、爪の凹凸を隠してくれます。

 

ただし、ご希望の色が透明だったり爪が透けるような薄い色だったりする場合、下のベージュの色が見えてしまう、という欠点があります。

 

ですので2回目に塗る色は、マットな色や下の色が透けない様な顔料がたくさん入っている色がおススメです。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----