ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪が短いのが悩みです。爪を伸ばそうとしてもつい切りすぎてしまいます。

人気記事
お悩み内容
爪が短いのが悩みです。爪を伸ばそうとしてもつい切りすぎてしまいます。

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪を切る際には、爪の白い部分を1ミリ~2ミリ程度残して爪を切るようにするという方法があります。(もちろん2ミリ以上残して切ってもOKです。)

 

爪を伸ばすには切るときに残す長さをチェックする

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪が短くなかなか伸ばせない、というお悩みですね。

爪が短い方によくあるのが「爪の白い部分(フリーエッジ)をすべて切ってしまう」という場合です。

 

爪先だけならまだしも爪先から横まですべて切ってしまって、ちょっとでも残っているとそこも切ってしまう。

 

もちろんお仕事などで切らなければならない人もいますので、そういう人は仕方ありませんが。

 

しかしネイルサロンではぎりぎりまで爪切りで切る、という事はあまりないです。

爪切りである程度の長さに切ってから、最後に爪やすりで仕上げます。

 

爪の裏側にはハイポにキウムといって、爪と皮膚をつなぎとめておく皮膚があります。特に人差し指など、ハイポにキウムが爪よりも長い場合があります。

 

この部分を切るととても痛いです。神経が通ってますから。けがを防ぐためにも私のお店ではぎりぎりまで爪を切る、ということはないです。

 

キレイに伸ばせる方法としてサロンでおすすめするのが「フリーエッジを少しだけ残して爪を切るという方法」です。

 

具体的には少しだけ(1ミリ~2ミリ程度)残して爪を切るようにします。(もちろん2ミリ以上残して切ってもOKです。)

 

 

そしてこのときもう一つ大切な事が【爪をとがらせすぎないこと】です。

 

爪を伸ばそうと思っても爪をとがらせすぎることで爪の強度が落ち、結果として折れやすくなってしまいます。

 

キレイに爪が伸びるまでサロンでは爪の形は【丸く整える】ようにしています。もちろん四角(スクエア)でもいいですが、家事などで引っかかってしまいがちですので、丸形(ラウンド)が人気です。

 

ご自宅で爪を整える際には、長さをととのえたあと、角を落とし、爪やすりで滑らかに線をつなげていきます。この方法ですと比較的簡単に爪の形を整えることがかのうです。

なお爪の形や削り方を工夫することで爪を折れにくくするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----