ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

足の親指が巻き爪になりそうです。予防方法を知りたいです。

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
足の親指が巻き爪になりそうです。予防方法を知りたいです。

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
きつい靴を履いている場合、先端がとがっている靴を履いている場合爪が圧迫され痛む場合があります。

 

巻き爪を予防できるちょっとしたコツ

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

足の親指の巻き爪のお悩みですね。

 

足の親指の巻き爪の予防法はいくつかあります。一つの原因としては「きつい靴」といわれています。

 

きつい靴を履くことで爪が圧迫され、爪が巻いてしまうことがああるからです。

 

私の経験でも「爪が痛い」「爪が巻いている気がする」という方の靴を拝見すると、足にぴったりとしたヒールや先端が細長い靴を履いてるケースが多い印象です。

 

【きつい靴を履いた後に爪が痛む・・・】という場合にはきつい靴は避けたほうがいいかもしれません。

 

そして足の爪のお手入れについても気を付けるだけで巻き爪を予防することができます。

 

それが爪の形を四角にすること。

 

爪の形を指の爪のように丸く角を落としてしまうと、爪が巻いてしまいます。四角に整えた後、当たると痛い爪の両端の部分のみを少しだけ削るスクエアオフがベスト。

 

また爪の長さも大切です。特にそり爪の場合など、爪の白い部分を限界まで切ってしまうと深爪になってしまいますし、爪を短くしすぎると巻いてしまうこともあります。

 

爪の長さは足の指の長さと同じぐらいにキープします。わかりづらければ、上から爪を見てみて指が隠れるぐらいです。

 

※爪が皮膚に食い込んで腫れている、出血・その他皮膚にトラブルが出ている場合にはネイルでは対応できません。医療機関(皮膚科)へ相談してください。

なお足爪をお手入れして足をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----