ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪の周りの乾燥が悩みです。オイルを塗りたいのですが習慣化できず、つい忘れてしまいます。

お悩み内容
爪の周りの乾燥が悩みです。オイルを塗りたいのですが習慣化できず、つい忘れてしまいます。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪周りの乾燥はネイルオイルで保湿するのがベスト。習慣化できない場合には、お風呂上りなど、ほかのパーツをお手入れする際に一緒に保湿すると習慣化しやすいです。

 

化粧水の横にネイルオイルを置いておく

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪周りが乾燥する、というお悩みですね。

 

爪周りの乾燥は保湿に加えて角質をキレイにするお手入れをするとキレイになりますよ。

 

爪周りというのは実は角質がたまっていて、たまりすぎることでクリームを塗っても余計な角質が全部吸ってしまい、結局お肌にあまりいきわたっていない、ということがあるからです。

 

 

また爪上についている角質をとることで爪自体がとてもキレイに見えます。

ネイルサロンでは【ハンドケア】【ネイルケア】というメニューがあります。爪の形を整えた後、指をお湯や温めたクリームにつけ、指先を柔らかくしてから、爪周りの硬くなった角質をとっていきます。

 

角化してしまった角質はいくらクリームを塗ってもしみ込みません。お手入れをすることでご自宅でのお手入れがさらに効果的になります。

 

爪周りはネイルオイルで保湿するのがおススメですが、習慣化できない場合、すでに習慣化しているものにくっつける、という方法ですとうまくいきます。

 

例えばお風呂上り。お風呂上りにお顔に何もつけない、という女性はいないと思います。化粧水などの隣にネイルオイルを置いておくことで、忘れずに保湿することができます。

 

夜寝る前でも効果的です。寝る直前、お手洗いを済ませた後にオイルを塗ることで、オイルが水に流れなくて済むからです。ベッドサイドなどに置いておくと、習慣化するハードルが下がります。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----