ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪を切るとき、爪切りを使わず、爪やすりがいいと聞きます。とはいっても爪やすりは時間がかかり面倒です。爪切りで爪をキレイにととのえる方法を知りたいです。

【無料で読める】ネイルとエステのプロが教える「綺麗な指先・手足にする方法」

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で学ぶことに興味はありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。下記フォームでメールアドレスを今すぐ登録してください。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れやすい爪・指の関節のシワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。ご登録は今すぐ!

メールアドレス入力


お悩み内容
爪を切るとき、爪切りを使わず、爪やすりがいいと聞きます。とはいっても爪やすりは時間がかかり面倒です。爪切りで爪をキレイにととのえる方法を知りたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪切りで長さや形を大体の感じで程度まで整えた後、あとはやすりで形を整えると時間と手間の節約になりますよ。

 

爪切りで長さとアウトラインを整える

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪やすりに関するお悩みですね。

 

ネイルサロンでも爪やすりを使うことがあります。それが【長い爪をバッサリ短くするとき】です。

 

確かに爪やすりでもいいのですが、やすりで時間をかけて整えると振動も伝わりますし、ある程度の長さまで爪切りで切ってしまったほうが早いからです。

 

爪切りで長さを整えたら後はやすりで形を整えていきます。

 

ご自宅でもある程度の長さまで爪切りを使って切ってもいいと思います。爪切りがよくないと言われている原因は【パチン】と切った衝撃で2枚爪になってしまうことがあるからです。

 

ですので本来であればニッパー型の爪切りのほうが爪に衝撃が少ないので私としてはおススメ。

 

市販の爪切りで切る場合には、一度で切ろうとせず、爪の端から少しずつ切り込みを入れていくと爪への衝撃が少ないです。

 

爪切りを使うのは長さの調節でも使えますが、大まかなアウトラインを作る際にも使えます。簡単に言うと、切りたい形に大雑把に切り、爪やすりで形を整える、という方法です。

 

この方法は時間の節約にもなりますのでとても重宝します。

 

 

なお自分で爪を切らずに爪をキレイにするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----