ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪を切ったあとの切り口が粗く、爪を切った後切り口がガサガサです。やすりもかけているのですが上手く行きません。爪切りが悪いのかもしれませんが、爪の切り口を滑らかにする方法を知りたいです。

お悩み内容
爪を切ったあとの切り口が粗く、爪を切った後切り口がガサガサです。やすりもかけているのですが上手く行きません。爪切りが悪いのかもしれませんが、爪の切り口を滑らかにする方法を知りたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪を切った後、腕の内側を触ってみるとわかりやすいです。痛かったら爪の切り口部分を再度やすりで滑らかにしていきます。

 

最後は自分の腕の内側でチェックしてみる

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪の切り口を滑らかにする方法を知りたい、というお悩みですね。

 

爪切りで爪を切っただけですと、切り口が粗いだけではなく、切った角が滑らかになっていないため、皮膚を傷つけてしまう場合があります。

 

確かに私も経験あるのですが、爪切りを切った後って自分でも【あ、ちょっとザラザラするな】と思いますよね。

 

 

相談者さんがおっしゃる通り、爪切りで切った後は爪やすりで切り口を滑らかにすることをお勧めします。

 

爪やすりは爪切りの裏側についているものよりも、単体で売られている爪やすりを使ったほうがうまくいきますし、さらに滑らかになります。

 

おススメは目が細かい爪やすりです。

 

私でしたら(180グリッド以上)やすりよりもスポンジバッファー(スポンジ型のやすり)を使います。

 

 

やすりで爪の切り口を撫でるように削り、切り口を滑らかにしていきます。

 

最後に自分でチェックする方法がありますのでご紹介します。

 

それが自分の腕の内側を指先で触ってみるという方法。

 

もし痛かったら、まだ切り口が粗いか、とがった部分が残っている、ということです。さらに切り口を滑らかにします。

 

 

なおお肌にあたっても痛くない形に爪を削るという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----