ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪の色が黄色っぽくなってきました。これってどうしてでしょうか?元に戻すにはどうしたらいいですか?

お悩み内容
爪の色が黄色っぽくなってきました。これってどうしてでしょうか?元に戻すにはどうしたらいいですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
理由は様々ありますが、ネイルの観点から言うと、マニキュアの色素沈着やマニキュアを十分に落とし切れていない場合があります。

 

実はマニキュアがきちんと落せていないことも

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪の色が黄色っぽくなってきた、というお悩みですね。

爪は体調を表している場合もあります。黄色くなってきた原因の一つとして、体調の変化や病気が原因の場合もあります。

 

言われているのは以下の病気です:リンパ浮腫・肺の病気・ほかの病気の合併症・白癬菌

 

このような場合にはネイルでは解決できませんので、医療機関などにご相談するのがいいと思います。

 

また病気以外で爪が黄色くなる場合があります。その一つが【マニキュア】です。マニキュアの色素沈着により、爪が黄色くなる場合があります。

 

さらにマニキュアで爪が黄色くなる原因が【マニキュアを落とし切れていない】ということがあります。実はこのケースって結構多い印象です。

 

除光液でマニキュアを落としても、実はまだ爪の上にうっすら残っているんです。これが時間をかけて爪にしみ込み、ある日【あれ、爪が黄色い】と気づくわけです。

 

対策としては除光液でネイルを落とした後、再度別のコットンに除光液をつけ、コットンで爪を軽く撫でてみる、という方法。意外とコットンが黄色くなったりしますのでびっくりします。

 

さらに、たばこを吸っている場合、右手の人差し指と中指を中心に爪が黄色くなることがあります。これはたいてい煙草を吸う時に煙草を挟む指です。原因はニコチンです。

 

このような外部からの原因で爪が黄色くなったばあい、ネイルサロンでは、爪表面の角質をとったり、バッファーで爪表面を削ったりする、という施術を行います。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----