ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪に横線や凹凸が入っています。爪は病気のサインなどと聞くので不安になっています。ネイルなど爪には何も刺激を与えるようなことはしてないのですが・・・

人気記事
お悩み内容
爪に横線や凹凸が入っています。爪は病気のサインなどと聞くので不安になっています。ネイルなど爪には何も刺激を与えるようなことはしてないのですが・・・

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
横線は爪の根元を押したときにできたりすることが多いです。また体調が原因の場合もあります。気になるようであれば、一度皮膚科などの専門機関にご相談するのがいいと思います。

 

爪の横線は爪への刺激や体調が原因の事も

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

爪の横線や凹凸についてのご相談ですね。

 

爪に横線がある場合や洗濯板のように凹凸している場合があります。 親指などの、特定の指だけですとこれは甘皮を自分で押していたり、いじっている癖がある場合によく見かけます。

 

この場合、いじる習慣を止める、というのが一番の解決方法です。

 

 

しかし、横線や凹凸がすべての爪にできている場合には、体調や爪独自の病気の場合があります。

 

重要な病気かと心配されてるようですが、場合によっては原因がわからないものや遺伝のものである場合、様々あるようです。

 

このような症状が長い間見られるようですので心配であれば、一度皮膚科などの専門機関にご相談するのがいいと思います。

 

また凹凸を消そうとして、ご自身で爪の表面を削ってしまうケースがありますが、これは爪が薄くなってしまいますのでおススメしません。

 

もし目立たないようにするのであれば上からベースコートをぬっていただくのがおすすめです。ベースコートの上にトップコートをぬることで被膜ができ、爪の凹凸が目立たなくなりますよ。

なお凹凸が気になる爪をネイルケアでキレイにお手入れするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。