ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイルアート用のマニキュアは普通のマニキュアと違いますか?必ずしもそろえなくてはいけないですか?

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
ネイルアート用のマニキュアは普通のマニキュアは違いますか?必ずしもそろえなくてはいけないですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ネイルアート用のマニキュアは筆が細く、細かい作業に便利です。ネイルサロンでは普通のマニキュアと同じように使っています。

 

アクリル絵の具を使うという方法も

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ネイルアートについてのご相談ですね。

 

ネイルアート用のマニキュアとして、細筆(そして長い)のついたマニキュアが売られています。コチラは市販されている場合もありますので、購入することも可能です。中身についての詳細は私にはわかりませんが、ネイルサロンではアート用のマニキュアとして普通に使っています。

 

 

しかしこのようなネイルアート用のマニキュアを買わなくてもネイルアートを描くことができます。

 

細く長い筆をマニキュアのビンに入れ、筆にマニキュアをつけてネイルアートを描くという方法です。これでしたらわざわざネイルアート用のマニキュアを買う必要はなく、お手持ちのマニキュアでできると思います。

 

また緻密なアートを描きたい、というのであれば【アクリル絵の具】を使うという方法もあります。

 

コチラは色をそろえる必要がありますが、乾きやすいというメリットもあります。乾いたマニキュアの上にアクリル絵の具で絵を描いていきます。 アクリル絵の具が乾いたらトップコートを塗ってツヤを出します。

 

アクリル絵の具のうれしいところは書いているうちに乾かない、という点。マニキュアは書いているうちに乾いていくので一発勝負ですが、アクリルは修正が可能です。

 

乾く前でしたら水で濡らした筆などを使うと簡単に修正できます。とても便利なアイテムです。

なおネイルアートに頼らなくてもキレイな爪にするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。