ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイルアートを書いた上からトップコートを塗るとアートが崩れてしまいます。ネイルアートが崩れないように塗る方法を知りたいです。

お悩み内容
ネイルアートを書いた上からトップコートを塗るとアートが崩れてしまいます。ネイルアートが崩れないように塗る方法を知りたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
トップコートを塗る際に爪にハケが触れないようにふんわり塗るのがコツです。アクリル絵具と筆でアートを描くとにじみにくいです。

 

トップコートはふんわり塗るイメージです

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ネイルアートについてのご相談ですね。

 

おそらく原因はトップコートを塗る際に、ハケの圧が強すぎるのが一番の原因ではないでしょうか?

 

ハケ圧が強すぎるとネイルアートを引きずってしまい、結果としてにじんでしまうのだと思います。

 

マニキュアでネイルアートを描くと、すぐに乾いたように見えますが、中まで乾くには時間がかかります。

 

これを防ぐには、トップコートを塗る際はハケ圧をできるだけかけないように塗る、という方法があります。

 

たっぷり目にトップコートをハケにとり、ふわっと塗ります。

 

 

具体的にはハケが爪に触れないよう塗るのがベスト

 

 

またアクリル絵具と筆でアートを描くという方法があります。ネイルサロンでは緻密なアートを描く場合にはアクリル絵の具と筆で描いていることが 多いです。

 

アクリル絵の具の素晴らしいところは、乾くのがマニキュアに比べて早い、ということです。先にネイルアートをしておいてほかの指を先に仕上げます。最後にトップコートを塗るとよれずに済みますよ。

ネイルアートに頼らなくてもキレイなネイルをするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。