ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪のお手入れをよくするのですが、爪をやすりで削ると寒気がします。これって体質でしょうか?

お悩み内容
爪のお手入れをよくするのですが、爪をやすりで削ると寒気がします。これって体質でしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪を削る際に力を入れて削ると振動が伝わります。往復がけをせず優しく爪先を削ってみてはどうでしょうか?

 

力を入れて爪を削るのではなく、優しく削るのがポイント

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

爪を削ると寒気がする、というご相談ですね。

 

指先は敏感で、人によって感じ方が微妙に違ってきます。もしかしたら相談者さんはもともと指先が敏感なのかもしれません。

 

また爪やすりの使い方に問題があるケースも考えられます。

 

爪を削る際に力を入れて削っていると、振動が爪に伝わりしびれるような感じになります。爪やすりを使う場合にはまずは優しく削る、という事が大切です。

 

振動を爪に伝えないために、削る際に削る爪に対して親指を当てながら削ると振動を抑えることができます。

 

たとえば左の中指の爪を削る際には、同じ左の親指で中指の爪の根元をかるく押さえます。全部抑える必要はなく、ちょっと触っているだけで十分です。

 

こうすることで爪を削ったときの振動を減らすことができますよ。

 

また爪をけずる場合には往復がけはせず、一方方向に爪やすりを引っ張りながら、優しく削ると爪にも負担をかけずにネイル出来ます。

なお爪の形や削り方を工夫することで爪を折れにくくするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。