ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪が黄色くならないマニキュアの色を知りたいです。

人気記事
お悩み内容
マニキュアをすると爪が黄色くなってしまいました。爪が黄色くならないマニキュアの色を知りたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
黄色の顔料が爪に移りやすいといわれています。黄色の顔料の少ないマニキュアの色を選ぶのがコツです。

 

爪が黄色くならないマニキュアの選び方とは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

爪が黄色くならないマニキュアの色についてのご相談ですね。

 

 

まず、マニキュアを塗ると黄色くなるといわれていますが原因の一つは「色素沈着」と言って、マニキュアの色が爪に移ってしまうために爪が黄色くなる場合があります。

 

 

爪が黄色くならないマニキュアの色を選ぶには「黄色の顔料が少ない色を選ぶ」という方法があります。

 

 

実は、マニキュアの色素沈着で多いのが「爪が黄色くなった」という話です。一方でと「爪が青くなった」「爪が黒くなった」という話はあまり聞きませんよね。なぜでしょうか?

 

 

これはマニキュアに含まれる黄色の顔料が、爪に移りやすいためといわれています。実は黄色の少ない顔料(黒や白)を爪に塗ってもほとんど爪が黄色くなることはありません。

 

 

黄色の顔料が入っている色には以下の色があります。

 

・黄色系(あたりまえですが・・・)

・ベージュ系(意外と黄色が入ってます)

・緑系(青+黄色⇒緑なので・・・)

・赤(多少入ってます)

 

と多岐にわたってますね・・・逆に黄色が少ない色には以下のものがあります。

 

・白(使いようによっては使いやすい)

・黒(黒のマニキュア、個人的には好きですが・・・)

・ラメ(ベースが透明)⇒意外と使いやすい。でも落ちにくい・・・

・透明(これが一番使いやすい)

 

 

という訳で、結局日常使いにはちょっと不向きな色が多かったりします。

 

このようにマニキュアの多くの色には黄色が入っていますが、少しでも黄色の顔料が少ない色を選びたいものです。

 

また黄色くなってしまった爪はネイルサロンでキレイにすることができます。完全に黄色くなってしまった爪を元通りにするのは難しい場合もありますが、ネイルケアをすることで爪の透明感をUPさせることができるからです。

 

マニキュアもキレイに仕上がりますしお得だと思いますよ。興味のある方は是非お試しください。

 

なお黄色くなってしまった爪を自然な色に近づけるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。