ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイルサロンの専門用語がよくわかりません。ジェルの長さ出しとスカルプの違いとは何ですか?

お悩み内容
ネイルサロンの専門用語がよくわかりません。ジェルの長さ出しとスカルプの違いとは何ですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
スカルプとは爪の長さを延長するときに使われることが多いです。

 

スカルプとはよくあるメニューですが・・・

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ジェルの長さ出しとスカルプチュアの違いとは何でしょうか?というご相談ですね。


まずネイルサロンでよく使われる長さ出し、という言葉についてご紹介します。

長さ出しとは簡単にいうと「爪の長さを延長する」という意味です。


人工的に爪の長さを延長して、爪が長くなったように見せる施術のことです。これをネイルの専門用語では数カルプチュアといいます。

 

現在、ネイルサロンではスカルプというと「アクリル樹脂を使った長さ出し」という意味で使われることが多いです。

 

ですのでおそらく相談者さんの言う、「ジェルの長さ出し」というのは「ジェルネイルで爪の長さを延長する」ということではないかと思います。


お店によっても呼び方が微妙に違うこともありますので、最終的にそこのネイルサロンで説明を聞いてみてはどうでしょうか?

 

 

ちなみに現在ネイルサロンではジェルネイルが主流です。ちょっと前に流行ったアクリル樹脂を使ってかぎ爪のように長くするようなスカルプチュアは主流ではないです。アクリルの特性を生かして折れた爪の修理などや長さ出しに使われている場合もあります。

 なおネイルサロンではジェルネイルだけではなく爪や爪周りをお手入れしてキレイにするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。