ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

足の親指が巻き爪で皮膚に食い込んで痛く困っています。爪を伸ばすと痛みが引くのですが爪を引っかけて剥げそうで怖いです。何か良い方法はありますか?

お悩み内容
足の親指が巻き爪で皮膚に食い込んで痛く困っています。爪を伸ばすと痛みが引くのですが爪を引っかけて剥げそうで怖いです。何か良い方法はありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪の長さはあまりに短いと爪が巻いてしまうので指と同じぐらいに伸ばすのがよいとされています。また爪の形もスクエアオフがおススメです。

 

爪は短すぎると爪が食い込むことも

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

足爪が皮膚に食い込んで痛い、というご相談ですね。

 

私の経験ですが、まず皮膚が腫れている場合には皮膚科にご相談する、という方法がおススメです。

 

私も一度経験あるのですが、爪が皮膚に食い込んでしまいしばらく痛みが引かなかったことがあります。

 

このときはかなり悪化していたので処方された薬をしばらく服用していました。

 

ネイルの観点から言うと、深爪しないことが大切です。

 

足爪の理想的な長さは「足の指と同じ」もしくは「上から見たときに足の指が隠れる程度」といわれています。長すぎるとかえって靴が着つくなってしまうので、指の長さを参考にしてみてはどうでしょうか?

 

また爪の形は四角い「スクエアオフ」がおススメです。爪の形のように丸く整える人がいますが、強度が落ちてしまったり爪が皮膚に食い込んでしまうのでスクエアオフ(四角い形)が良いとされています。

 

ネイルサロンでもほぼ100%この形に削っていきます。

 

爪を伸ばすとひっかけてしまう、とのことですが爪の角の部分をほんの少しだけ削るか爪切りで切ってみてはどうでしょうか?触ったときに角がいたくない程度に削るだけで十分です。

 

またよくあるのが「食い込んでしまった爪の部分を切ろうとして、深爪してしまう」ケースです。

 

通常の爪切りでは爪が食い込んでいる角は刃が届きにくいです。

 

ですので専用の爪切りニッパーを使う、という方法もあります。

なお足の爪に色を塗らなくても足をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。