ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

自宅でジェルネイルを始めましが、どうしても長さ出しがうまくきれいにいきません。シール状のネイルフォームを装着する際に、隙間ができていたり 上にあがってそっているような状態になったりして上手く行きません。

 

お悩み内容
自宅でジェルネイルを始めましが、どうしても長さ出しがうまくきれいにいきません。シール状のネイルフォームを装着する際に、隙間ができていたり 上にあがってそっているような状態になったりして上手く行きません。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
フォームとイエローラインの形があっていない可能性があります。真っすぐつけないと仕上がりが不自然になってしまいます。

 

長さだしはネイルスクールでも高度な技術の一つ

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

長さ出しについてのご相談ですね。長さ出しとは爪の長さの延長のことです。

 

シール状のネイルフォームを指先につけ、そこにジェルやアクリルを乗せていきます。

 

特にネイルフォームをキレイにつけるのが大切です。

 

実はこの長さ出しはネイルスクールでも高度な技術の一つで、本来であれば何か月もかかって習得する技術です。試験も難しく、1回で合格できない場合も多々あります。

 

自宅でネイルサロンのような仕上がりを実現するのは難しいです。

 

それを踏まえた上ですが、私は特に苦手だったので、最初の1か月ほどはひたすらフォームの付け方を練習しました。もしかしたらもっと早く上達する人もいるのかもしれませんが・・・

 

というわけで練習が必要なフォーム付けですが、上に沿ってしまう場合、フォームは下からつけるとうまく行きます。

 

またフォームのラインととイエローラインの形が合っていない可能性があります。イエローラインにピッタリはまるように(爪に差し込む部分)をカットしていきます(ちなみに私はこのカットでも先生からかなりの指導を受けたのでした・・・)。

 

この場合はフォームの爪に充てる部分を、イエローランの形に合わせてハサミでカットしていきます。

なおスカルプに頼らなくても指先をキレイに見せるネイルの方法もあります。詳しくはこちらを押してください。