ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪が黄色くて困っています。マニキュアを落とす際にもきちんと気を付けているつもりなのですが、爪が黄色くなるのを防ぐ方法はありますか?

お悩み内容
爪が黄色くて困っています。マニキュアを落とす際にもきちんと気を付けているつもりなのですが、爪が黄色くなるのを防ぐ方法はありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
マニキュアが落とし切れていない場合、爪に残ったマニキュアが色素沈着を起こす場合があります。

 

マニキュアをきちんと落とすことも大切

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

爪が黄色くなってしまう、というご相談ですね。

 

相談者さんの相談内容から、考えられる原因の一つとして「マニキュアがしっかり落ちていない」ということがあります。

 

マニキュアがしっかり落ちていないと爪に顔料が残ってしまい、色素沈着の原因となります。

 

この場合には、爪の表面を削る、という方法もありますが、これは続けるとことで爪がうすくなりますのであまりお勧めはしません。

 

また爪の上に角質がついている場合もあり、ネイルケアなどを受けて爪の上の角質をキレイにすると一緒に色が取れる場合もあります。

  

除光液でネイルを落す際には、コットンに500円玉ぐらいの大きさの除光液をしみこませます。

 

そして爪にコットンを当て、上から押さえ10秒ほど待つとマニキュアが柔らかくなってきますので、そこで爪の中心にマニキュアを集めるようにしてふき取ります。

 

最後にもう一度、新しいコットンに除光液を付け軽く爪をなでると、落とし切れなかったマニキュアを落とすことができます。乾燥が気になる場合には、オイルをあらかじめ爪に垂らしておくといいですよ。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。