ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

透明のジェルを施しながら自然に辞めていければいいのですが、そんな方法はありますか?

お悩み内容
ジェルネイルを指にしています。2枚爪になったり、割れたりしてジェルネイルをあきらめていますが爪が割れたりしています。透明のジェルを施しながら自然に辞めていければいいのですが、そんな方法はありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪があまりにも薄くなっている場合にはジェルを塗っても浮いて来てしまう場合もあります。またアクリル樹脂を塗るという方法もありますがこれはネイルサロンで行う施術が中心となります。

 

ジェルネイルは本来、薄くなってしまった爪に補強するものではない

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ジェルをお休みしたい、というご相談ですね。

 

今は爪表面を削らずになるべく爪を痛めないジェルもあります。そのようなジェルをするという方法もあります。

 

しかしあまりにも爪がうすくなっている場合にはジェル自体の持ちがあまり良くない場合もあります。

 

そのような場合には付け替え周期を待たずジェルが浮いてしまう場合もありますので、もしやるのであれば一度爪の様子を見てからジェルを塗っていきます。

 

ジェルを残しながら自然にやめていく、という事ですが私でしたら「アクリル樹脂」を使います。アクリル樹脂で爪をコーティングし、そのまま徐々に爪を伸ばして行くという方法です。

 

アクリルはそのままにいて置き、爪の表面や長さのみを定期的にケアしていきます。しかしアクリル自体も爪があまりにも薄すぎる場合にはお勧めしません。 

 

2枚爪になったり割れたりするとのことですので同じベースコートでも爪を補強する成分の入っているものがおすすめです。

 

1層ではなく2~3層重ね塗りすると、爪がしっかりしてきます。

 

またジェルを止めた直後はジェルをしているときと同じような感覚で爪を使ってしまいがちです。

 

支えがなくなりますので、同じような力をかけると爪への負担は増えてしまいます。

 

ジェルを止めたらできるだけ爪先での作業は避け、指の腹を使うようにするのがおススメです。

なおジェルに頼らずに爪を割れにくくしたりキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。