ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

親指の爪が伸びてくると爪が割れてきてしまいます。一度病院へいったら乾燥によるものといわれました。

お悩み内容
親指の爪が伸びてくると爪が割れてきてしまいます。一度病院へいったら乾燥によるものといわれました。そのため朝晩尿素入りクリームで保湿ケアに力をいれてきましたが、よくなりません。どのようなお手入れをしたらいいでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ネイルオイルをつかって保湿してみてはどうでしょうか?またネイルサロンでフットケアを受けるという方法もあります。

 

爪や爪周りを保湿するには何をつかったらいい?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

足の爪が乾燥でわれる、というご相談ですね。

 

相談者さんはハンドクリームでしっかり保湿していた、とのことですが、ネイルクリームやネイルオイルで保湿するのがおススメです。

 

というのも、私の経験から爪のお手入れは「ネイルオイル」や「ネイルクリーム」で保湿するほうが効果を感じたからです。

 

おススメはネイルオイルです

 

液体ですので細かい隙間にもしっかりしみ込みますので、使い勝手がいいです。特に爪や爪回りの乾燥対策で大切なのが「甘皮周りの保湿」です。爪と一緒に甘皮周りもオイルを塗りこんで保湿をするといいですよ。

 

もしクリームを使う場合にはオイルを爪や爪周りに塗った後、クリームを足全体に塗ってみてはどうでしょうか?

 

 

また爪は角質に覆われている場合があります。

 

角質に覆われている状態で爪をいくら保湿しても角質にオイルの成分がとられてしまい、うまく保湿できない場合もあります。

 

 

ネイルサロンで「フットケア」というメニューがあります。これは爪や爪周りの角質をキレイにするメニューです。

 

角質をキレイにすることでオイルやクリームのしみこみもよくなりますのでネイルサロンでお手入れする、という方法もおススメです。

なお足の爪に色を塗らなくても足をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。