ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

「ネイルが浮く」とよく言われますが、どういう状態が「浮く」という状態なのでしょうか?現在ジェルネイルをして1週間ぐらいですが、爪が伸びてきた分、根元に段差ができていますがこの段差を「浮く」と言うんですか?

お悩み内容
「ネイルが浮く」とよく言われますが、どういう状態が「浮く」という状態なのでしょうか?現在ジェルネイルをして1週間ぐらいですが、爪が伸びてきた分、根元に段差ができていますがこの段差を「浮く」と言うんですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
シールの端がはがれたようになっている状態を【浮く】と言います。剥がれた部分が浮きあがっていて爪との隙間を作っている状態です。

 

ジェルネイルの場合、爪から剥がれ落ちない場合が多い

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

「ネイルが浮く」という意味についてのご相談ですね。

 

主にジェルネイルをした時に「根元が浮いてきた」「爪先のジェルが浮いてきた」などと言います。

 

これは本来爪にくっついているはずのジェルネイルが、爪から剥がれてしまった状態のことを言います。

 

マニキュアであればその都度爪から剥がれてしまうのですがジェルネイルの場合には一枚のシールのように端から剥がれてくことが多いです。

 

そのためジェルの端がシールのように剥がれ、その部分だけが爪から浮き上がっているように見えます。このような状態を【浮いた】といっています。

 

このような状態では爪とジェルの間に水が溜まってしまったりしますので、出来るだけ早くお直しするのがおススメです。

 

相談者さんの場合には、段差ができている、とのことですが、これは爪が伸びてくると通常このように段差が出ますが、こちらは心配いらないです。

 

ジェルネイルの付け替え周期はメーカーによって違いますが、3~4週間です。

 

特に3週間以降は爪が数ミリ伸びてきてしまいますし、バランスもわるくなってきてしまいますので、早めに付け替えしていただくのがおススメです。

なおジェルネイルに頼らなくても指先をキレイに見せる方法があります。詳しくはこちらを押してください。