ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

自分に合ったネイルサロンの見つけ方

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。

 

今回は【自分に合ったネイルサロンの見つけ方】についてご紹介します。 私がお客様からよく言われる事の一つが【以前行ったネイルサロンではずっとネイリストが話しかけられて疲れてしまった】という事。

 

ネイルサロンに行って疲れて帰って来てしまっては仕方ないですよね。 今回は自分に合ったネイルサロンの見つけ方についてご紹介します。

ネイリストにはコミュ障が多い!?

ます最初に衝撃的なのですが、ネイリストはしゃべるのが苦手です。

 

苦手というよりも、コミュニケーションをとるのが普通の人よりも苦手、という人が多いです。

 

もちろん本人が自覚している場合もありますが、自覚していない場合もあります。

 

無言な人は【しゃべるの苦手なんだな】とすぐにわかりますが、ずっとしゃべっている人もある意味、【コミュニケーションが苦手】なんです。 だって相手の反応を見ずにずっとしゃべって、相手を疲れさせてるわけですから。

 

というのも、ネイルってミクロの世界なんです。小さい爪に向かってじっと作業するので、どうしてもそうなってしまうのかもしれません。

 

とはいってもお客さんを何人も抱えている人気のネイリストもいます。やっぱりこういう人は人あたりもいいですし、好感も持てます。

 

私だったらこんなネイリストにやってもらいたいものです。

 

ではそういうネイリストをどこで見つけるか?私がおススメする方法は以下の2つです。

 

1.自分に合ったネイルサロンを探す

2.同じお店で自分に合うネイリストを探す

 

最初に1.自分に合ったネイルサロンを探す を見ていきましょう。

 

自分に合うネイルサロンの見つけ方

会社員時代、その会社は色々な取引先がいたために私も色々な取引先の方々とお話しする機会がありました。その中で気づいたことがあります。

 

それが【同じ会社の社員は同じようなしゃべり方をする】ということ。

 

A社の社員さんはどの方も同じようなしゃべり方をするんです。B社となるとA社とは別のしゃべり方をします。

 

同じ業種でもA社の方とB社では社員のしゃべり方は違うのですが、同じA社の中であれば20代の社員も70代の社員でもしゃべり方なんかが同じなんです。

 

これはネイルサロンでも同じ事が言えます。お店の雰囲気になじむようなネイリストを採用しますし、その中で長いこと働くことでそのお店のカラーになっていきます。

 

つまりもっと具体的にいうと【ギャルばかりがいるようなお店に行くと、そういうイメージのネイリストが接客につく】ということです。

 

【ギャルっぽいネイリストが好き】とい方にはいいかもしれませんが、私だったら(ギャルではないので)正直苦痛です(笑)。

 

ギャルが悪い、というわけではないのですが、話す内容や話すタイミングが合わないと居心地悪さを感じるものです。

 

私だったら【落ち着いたサロン】が好きなタイプなので、落ち着いたネイルサロンを探します。

 

ネイルサロンを探すにはインターネットが一番便利です。

 

きちんとしたネイルサロンには大抵、ブログだけではなく、ホームページがありますので店内の様子やネイリストの写真なんかも載っています。

 

そうやって自分に合うお店を探してみると、通いやすいネイルサロンを見つけることができると思います。

 

なお会話が苦手な人でも楽しめる爪をキレイにする個室型ネイルサロンでネイルをするという方法があります。詳しくはこちらを押してください。