ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイリストに自分の要望を伝えるときはなんて言ったらいいの?

ネイルサロン エクラーラ

 

Q.ネイリストに自分の要望を伝えるときはなんて言ったらいいの?

 

 

A.伝える場合はピンポイントですると伝わりやすいです。またイメージを伝えたい場合には写真や図面の方が伝えやすいです。

 

イメージは写真で、要望はピンポイントで伝えるとうまくいく

こんにちは。大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。今回は【自分のスタイルをどこまで伝えるべきか】というお悩みについてお答えしようかと思っています。

 

結論から言うと、イメージは写真で、要望はピンポイントで、というのが私の経験上一番いいのではないかと思います。

 

 

時々いらっしゃるケースでよくあるのが【細かく注文を付けてくる方】です。【この部分、もう少し角度がこうで・・・あと一削り・・・右側が曲がっている気がす・・・】といった細かすぎる註文をつけるお客様。

 

もちろん、ネイリストの技術力の問題もあるかとは思いますが、相性の問題の場合もあります。

 

 

こういう場合には、ピンポイントで伝えるとうまくいきます。

 

たとえば、【中指のサイド(爪の横の部分)はいつも引っかかってしまうので、特に注意して削ってほしい】とか、【中指だけカラーがすぐ剥がれてしまうので、何か対処法があれば教えてほしい」など、ピンポイントで伝えると相手もわかりやすいかと思います。

 

さらにデザインなどのイメージは写真や図面のほうがうまく伝わると思いますよ。

手書きでもいいので、もしありましたら作って持って行ってみてはどうでしょうか?

 

手や指先ををキレイにしたいあなたへ・・・プロの技術であなたの指先をキレイにしてみませんか?詳しくはこちらを押してください。