ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪が折れやすいのは爪やすりの使い方が間違っていたからかも??

お悩み内容
爪が非常に薄くて困っています。少し伸ばすと、ヒビが入り、いろいろな物をひっかけたり、洋服の繊維にからまったりします。 爪専用のやすりを使用していますが一向に改善しません。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪やすりの使い方を見直してみましょう。

 

マニキュアの呼び方はいくつもある

エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は、ネイルのお手入れをしていても、爪が横から割れてしまう、というご相談についてお答えします。

 

結論からお伝えしますと、「爪やすりの誤った使い方をしている」可能性が高いです。

 

なぜなら爪やすりを誤って使うことで、かえって爪が折れやすくなってしまうからです。

 

特に気をつけたいのが「横ヒビ」が連発する場合です。横ヒビが連発する場合には、爪やすりで爪の表面を削っている可能性が高いです。

 

爪の表面を削る、とは爪のサイド「両側」を削る際によく起こります。

 

これは爪の両端を細長く整える際に、きちんと爪の端にやすりが当たっていおらず、爪の表面を削ってしまっているケースのことです。

こうなると爪の表面が薄くなり、爪を伸ばすと横ヒビが入ってしまいます。

 

ではどうやって防いだらいいでしょうか?

一つは爪の端にやすりを当てる、ということが大切です。これをするためには「爪周りの皮膚をしっかり押し下げて、爪を削る」必要があります。

 

時間はかかりますが、一つ一つの削りをしっかり目で確認しながら行うとやりやすいです。

 

さらにネイルサロンで爪を整えてもらう、という方法もあります。この方法ですと時間もかかりませんし甘皮周りも一緒にキレイになりますのでお得だと思いますよ。

指先や爪がキレイになると周りからも注目されますし、一目置かれること間違いなしです。 是非一度お試しくださいね。

なお、プロの技術で爪や指先をキレイにお手入れするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。