ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

クリームを塗ってもささくれが改善しないときのおススメの指先のお手入れ方法とは?

お悩み内容
ささくれがなかなかなおりません。クリームを塗る以外に方法があれば教えてください。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
指先は角質がたまりやすい場所です。ネイルサロンで指先の角質をお手入れをするのがおススメです。

 

クリームを塗ってもささくれが改善しない理由の一つは指先の角質

 

エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は、ささくれの対処法について知りたい、というご相談についてお答えします。

 

ささくれの一番の原因は「指先の乾燥」です。

そのためささくれ予防として、クリームで保湿する、というお手入れをする方も多いのではないでしょうか?

 

クリームを塗ってもささくれが改善しない場合もあります。

 

これは指先周りに角質がたまっているのが原因です。

 

その場合、いくらマニキュア用のオイルを塗ってもクリームがなかなか浸透せず、結果として「クリームを塗っても乾燥が改善しない」ことも。

 

では指先の角質をキレイにするにはどうしたらいいでしょうか?

 

これはネイルサロンで「ネイルケア」を受けるのが一番おススメです。

指先をお湯につけて角質を柔らかくしてから、余分な角質をキューティクルニッパーで甘皮周りや指先の硬い部分をキレイにしていきます。

 

こうすることでお肌についた硬い角質が取れるのでクリームもきちんとしみ込み、結果としてささくれ予防になりますよ。

 

なお、プロの技術で爪や指先をキレイにするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。