ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイルケアでニッパーを使っていますが上手く行きません。

人気記事
お悩み内容
ネイルケアでニッパーを使っていますが上手く行きません。どこをカットすれば良いのですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ネイルケアの基本は「爪と爪周りの角質ケア」ですのでルースキューティクルをカットするのが基本です。プッシャーで甘皮周りを優しくプッシュアップした後、ニッパーでルースキューティクルをカットしていきます。

 

甘皮がないと凹凸した爪が生えてくることも。

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ネイルケアでケアする際に、どこをカットしたらいいか、というご相談ですね。

 

結論から言うと「余分な角質をカットしていきます」。この「余分な角質」とは、お湯をつけて皮膚が白くなった部分のことです。

 

ささくれや甘皮周りなどは白くなりますが、しかし甘皮周りのカットをするときは注意が必要です。

 

余りカットしすぎると凹凸した爪が生えてくることがあるからです。

 

なぜならキューティクルは滑らかな爪が生えてくるための大事な役割をもっているからです。

 

ですのでもし甘皮周りをカットする場合には形を整える程度で、ザクザクカットしないようにするのが大切です。

 

このようにネイルケアというのはその人の爪の形や皮膚の薄さなどによって決まったルールがないのが特徴なんです。

 

ネイルスクールでは最初に教わる一方で、マスターするには時間がかかる施術です。

したがってご自宅でネイルサロンのような仕上がりにするのは難しいといえます。

 

そこで月に1回でもネイルサロンでネイルケアを 受けてみてはどうでしょうか?

指先や爪がキレイになると周りからも注目されますし、一目置かれること間違いなしです。 是非一度お試しくださいね。

なお、プロの技術で爪や指先をキレイにお手入れするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。