ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ヒールを履くと夕方には足が痛い!足が痛くならないヒールの履き方ってある?

人気記事
お悩み内容
常にヒールを履いているのですが、夕方になってくるとだいぶ痛くなります。元から外反母趾ぎみのせいもあり、親指側が歩くだけで痛いです。足が痛くならないヒールの履き方ってありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
先端がとがっている靴や足の甲の厚みに合わない靴を履くと足が痛む場合があります。さらに足裏のヒールダコが原因の場合も。そんなときはネイルサロンでお手入れするといいですよ。

 

先端が丸みをおびていて、甲の高さがあり足首にストラップが付いている靴が理想的です。

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ヒールを履くと足が痛くなる、というご相談ですね。今回はフットネイルをすることの多いネイリストから見た靴の選び方についてお答えします。

 

痛くならない靴の選び方で私がお客さんにおススメしているのが以下の事です。

 

1.先端のとがった靴を長時間履くのは避ける

2.足の甲の厚みに合った靴を選ぶ

3.前へずり落ちない様な工夫のされている靴を選ぶ。

 

この3つです。

 

まず1つめですが、先端が極端に尖った靴を履いていると、親指側が圧迫されて痛くなるケースがあります。特に親指が一番長い足の場合です。

 

足の形と靴の形が合っていないので、長時間履くと痛みを生じる場合があります。この場合には先端の形が丸みをおびているものや、先端が細長くてもとがっていないもの(スクエアなど)がおススメです。

 

2つ目ですが、足の甲が厚い場合、足の甲が薄い靴を長時間履くと痛みが出ます。メーカーによっても木型が微妙に違うので、自分の木型に合った靴を選ぶといいですよ。

 

特に私がいつも選ぶ靴は【履き口が深くなっている靴】です。足を深く包み込んでくれますので、歩きやすいですし長時間歩いても疲れにくいです。

 

さらに3つ目ですが、これは大きめの靴や傾斜の高い靴を履いている場合のよくあります。足が前へ滑ってしまい足の親指を圧迫して痛みが生じるケースです。

 

この場合には、中敷きを引いて前滑りを防止するという方法もいいですが、足首の部分にストラップが付いているものもおススメです。ストラップが前滑りを防いでくれたり靴脱げを防いでくれるので、靴を気にせず歩くことができるからです。

 

 

最後に足自体が原因の場合があります。それが【ヒールだこ】です。

 

ヒールを履くうちに足の裏が硬くなり、その部分が圧迫されて痛みが出るケースです。この場合には、ネイルサロンで足の裏のお手入れを受けるといいですよ。

 

私のサロンでは足の裏の角質お手入れもやっています。

硬くなった角質も何度かお手入れするうちに柔らかくなりますので、是非ヒールを良く履く、という方はお試しくださいね!

 

 

なおヒールで硬くなった足裏の角質を足裏ケアでキレイにするという方法もあります。 詳しくはこちらを押してください。