ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ジェルネイルで爪が薄くならない方法ってある?

お悩み内容
暫くジェルネイルをしていましたが、爪がどんどん薄くなり、ジェルはお休みしていますがそろそろ再開したいと思っています。どんなことに気をつけたらいいでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
あ、薄くなったな!と感じたらすぐにお休みすることで爪が薄くなりすぎる状態を防ぐことができます。

 

ジェルネイルで爪が薄くなったな!と感じたらとりあえず休んでみる

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ジェルネイルを再開するときに注意することについて、というご相談ですね。

まずは爪が薄くなったと感じたら【すぐに辞める】という事が大切です。

 

ここですぐに辞める、というのは具体的には1か月程度お休みする、ということ。

 

あ、薄くなったな!と感じたら1か月程度お休みする、すると2か月目からジェルネイルが出来るようになります。

 

なぜなら一番爪が薄くなりやすい先端部分の爪が伸びるからです。当然この部分は1か月後には削ってしまうので、この部分にジェルを塗るという事はありません。

 

以上のように、すぐに辞めることで、ジェルをすぐに再開することができるようになります。

 

 

 

一方で【あ、薄くなったな】と感じても、ジェルネイルを辞めなかったらどうなるでしょうか?

 

薄くなった爪はジェルネイルがはがれやすく、付け替え周期がどんどん短くなります。

 

そうすると同じ爪の上に何度もジェルネイルを塗ったりはがしたりするので、爪が薄くなる速度が速まります。

 

その結果、爪全体が薄くなりすぎてしまい、爪全体の生え変わりを待たなくてはジェルネイルを再開できなくなってしまう事に。

 

ちなみに爪全体が生え変わる期間は約6か月。これって結構長いですし、この間ペラペラの爪で過ごすのはとてもつらいです。

 

こんな状態にならないためにも、【小休憩】を入れながらジェルネイルを楽しむ、ということが大切ですよ。

 

もしよければ参考にしてくださいね。

なおジェルネイルで痛んでしまった爪をネイルケアででキレイにお手入れするという方法もあります。 詳しくはこちらを押してください。