ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ミュールが痛い!前滑りしがちな靴をうまく履きこなす方法ってある?

人気記事

 

お悩み内容
ミュールを買ってみました。長時間履いてると、足が痛くなってしまいます。 小指・薬指の甘皮のそばの皮膚が水ぶくれが出来てしまいました。ヒールの高さは4cmくらい、つま先が尖っているタイプのミュールです。 どうしても重心が前へ前へと行ってしまい、つま先の狭い方へ足が落ちて(滑って)しまいます。何か他にいい方法はないでしょうか

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
先端の尖ったミュールは足の形によっては長時間の歩行には向かないです。前滑りを防ぐ中敷きを引くことで、歩行による痛みを軽減できる場合があります。

 

長時間の歩行には不向きなミュールをキレイに履きこなすには?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ミュールを履くと小指・薬指の甘皮周りが痛くなる、というご相談ですね。

 実際に観てみないと分からない部分もありますが、原因の一つは「足の形と靴の形が合っていない」という事です。

 

親指が一番長い足の形の場合(私の事なんですけど(笑))、先のとがっている靴は明らかに足の形と合ってませんよね。

 

親指と小指の両端を無理やり中心に持っていくわけですから、長時間歩くと足の両側がこすれて痛みが出ます。相談者さんの場合にも、小指と薬指が痛い、とのことですので足の形と靴が合っていないのが原因だと思います。

 

では痛みを軽減するにはどうしたらいいでしょうか?私が提案する解決方法は以下の通りです。

 

1.状況によって靴を使い分ける。(ミュールを履いて長時間歩かない)

2.まえ滑り防止の中敷きを引く

 

 

まず、1ですが、ミュールを履くときはタクシーや車に乗る。歩き回らない、という方法です。これは私も良くやる方法なんですけど、すごくおススメです。

 

もしどうしてもミュールを履きたい!という場合には、靴を手荷物で持っていき、会場近くで履き替えるという裏技もあります。

 

何がいいかというと、「靴も傷まない」ということ。靴好きの私にとっては靴が傷むことが一番悲しいです。靴をキレイな状態で長く楽しむために、私はこの方法をよく使います。

 

次に【中敷きを引く】という方法があります。中敷きを入れて前滑りを防ぐ、という方法です。前滑りを防ぐ中敷きが売られていますので、その中敷きを引いてみると前滑りが改善されるかもしれません。

 

透明な中敷きですと脱いだ時も恥ずかしくないので便利です。

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。