ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

日焼け止めクリームを使わない紫外線対策ってあるの?通勤時でも簡単にできるUVケアとは?

お悩み内容
通勤時に日焼け対策として手、腕には日焼け止めクリームを塗っています。しかし色々試してみたのですが、常にひりひりしたり、かゆくなったりします。そこで日焼け止めクリームを使わない紫外線対策をしようと思っていますが、何か良い方法はありますでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
アームカバー+日傘のように、2つ以上の方法を組み合わせるのがおススメです。

 

紫外線対策をしたいなら、2つの方法を組み合わせてみる

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

日焼け止めクリームを使わない紫外線対策についてのご相談ですね。紫外線対策、特に日焼けしないための対策方法は色々ありますが、大きく分けると以下の通りになります。

 

1.紫外線クリームなどの化粧品類

2.お肌を覆って、紫外線に当たらないようにする方法

3.外出しない、という方法

 

大体この3つになります。

 

相談者さんの場合には、通勤時に紫外線対策をしたいということですので、3は使えないと思います。また1もお肌に合わない、ということで残るは2の方法ですね。

 

2の方法でおススメなのが、以下の方法です。

 

・手袋類(UVカット効果のあるアームカバーや手袋)

・日傘(UVカット効果が高いもの)

 

私がおススメなのがこの「手袋類」と「日傘」を同時にするという方法です。なぜなら1つだけの方法ですとどうしても効果が薄れてしまうからです。

 

例えば日傘。日傘を指しているとどうしても腕の部分や肘の部分が日傘から出てしまうことが良くあります。肘や腕を紫外線から守るために、アームカバーで保護してあげる必要があるんです。

 

ただしこの方法は夏は暑いかもしれません。しかし私自身が試してみて、とても効果を感じられている方法ですので、是非試してみてはどうでしょうか?

「爪が明らかに綺麗になった!」「爪が大きくなって指先に自信が持てる!」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質】です。詳しくはこちらを押してください。