ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

手は日焼けしたくないけれど、日焼け止めクリームを塗りたくない。そんなときのUV対策とは?

お悩み内容
手が日に焼けて、手だけ真っ黒になっている気がします。最近はカサカサも気になっています。日焼け対策にUV乳液をぬると、白くなってサラサラしすぎて敬遠しています。手をキレイにする方法を知りたいです。

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
手袋をすると手の紫外線対策になるだけではなく保湿対策にもなります。

 

日焼け止めクリームを使わない紫外線対策は手の保湿対策にもなる!

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

手は日焼けしたくないけれど、日焼け止めクリームは使いたくない、というご相談ですね。

日焼け止め対策としては日焼け止めクリーム以外にも以下の方法があります。

 

・手袋や日傘などをして直接紫外線に当たらないようにする

・昼間(は外出しないようにする

 

昼間は外出しない、というのはさすがに無理がありますので、私がおススメしたいのが「手袋をする」という方法です。

 

具体的には外出する際にUVカット効果のある手袋を着用する、とい方法です。

 

なぜこの方法がおすすめなのかというと、手は常に「裸」の状態で紫外線にさらされているからです。手袋をすることで、紫外線から手を守ることができるんです。

 

 

手袋をすると紫外線対策以外にもいいことがあります。それが「保湿効果」です。

 

先ほど手は常に裸、といいましたが、常に外気に触れているため、手はとても乾燥しやすいです。

 

そこで、手袋をすることで外気や衝撃から手を守ることができ、結果としてカサカサしがちな手も保湿できます。

 

実は私は外出する際、手袋をほぼ年中しています。 そのせいか手が日に焼けることもないですし、極端にカサカサになることもないです。

 

また合わせてネイルケアを定期的にしているせいか、指先が硬くなることもないですよ。

 

今では安くていい手袋がたくさん売っていますので、是非今日から始めてみてはどうでしょうか?

 

「爪が明らかに綺麗になった!」「爪が大きくなって指先に自信が持てる!」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質】です。詳しくはこちらを押してください。