ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ジェルネイルで爪が薄くなってしまったら?薄くなった爪が回復するまでってどれぐらいの期間が必要?

お悩み内容
自分でジェルネイルを楽しんでいますが、最近で爪がふにゃふにゃになってしまいました。この状態の爪はだいたいどれぐらいで回復するのでしょうか?またその間、付け爪をしても大丈夫ですか?

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪が完全に生え変わるまでおおよそ6か月かかりますので、その間はジェルネイルをお休みするのがおススメです。

 

ジェル後で薄くなった爪はマニキュアで補強しながら伸びるのを待つ

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ジェルネイルで痛んでしまった爪はどれぐらいの期間で回復するか、というご相談ですね。

 

一般的には約半年といわれています。

 

なぜなら、爪が完全に生え変わるまでおおよそ6か月かかるといわれているからです。

 

ですので少なくても3か月はかかると思った方がいいです。ジェルネイルで爪が痛むのは爪の先端部分であることがおおいので、その部分が生え変わる半年の約半分、3か月は見て置いた方がいいからです。

 

その間ですが、付け爪はしてもいいいか、ということですが、私の個人的な意見としては「やらないほうがいい」です。

 

付け爪というと、人工爪(アクリル)でしょうか?できないことはないですが、薄すぎるとすぐにはがれてしまいますので、さらに爪が薄くなる可能性は高いです。

 

私のお勧めは「マニキュア」をして爪を補強するという方法です。ジェルネイルほどの強い補強効果はありませんが、塗っておくだけでも爪はかなりしっかりしてきます。

 

さらにジェル後の爪は非常に乾燥していますので、ネイルサロンでネイルケアを受けていただくと、割れにくいキレイな爪に。

 

是非これを機に試してみてはどうでしょうか?

「爪が明らかに綺麗になった!」「爪が大きくなって指先に自信が持てる!」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質】です。詳しくはこちらを押してください。